大学横断の学習プロジェクト“Sカレ2012” 開会式

大学横断の学習プロジェクト“Sカレ2012” 開会式

公開日:2012年7月3日

マーケティングを学ぶ全国の大学生が参加する商品企画プロジェクト「Student Innovation College(通称Sカレ)」。

7年目を迎える2012年度は全国22大学から29のゼミ、学生390人が革小物や木工家具など10のテーマから1つを選び、実用性のある商品を提案し、総合的な観点から競いあいます。

6月30日(土)、日本大学砧キャンパスで開会式が行われ、ご支援企業・団体、参加ゼミの学生と指導教員など約450名が参加しました。
当日はまずワークショップから始まり、テーマごとに分かれて各チーム現時点での商品企画を発表、参加企業の方からコメントをいただきました。

引き続き開会式セレモニーでは、石井淳蔵Sカレ委員長(本学学長)やSカレを共催する株式会社CUUSOO SYSTEM 代表取締役CEOの桑原全広氏のご挨拶・ご講演、来賓紹介が行われました。

Sカレ2012”

Sカレ2012”

Sカレ2012”

その後、昨年度のSカレで総合準優勝を受賞した関西大学・岸谷ゼミのゼミ生による「就活ツール『はじめての名刺交換』」のプレゼンテーションと、閉会式までの商品開発プロセスの紹介があり、参加学生は大いに意欲を掻き立てられたようでした。

開会式の最後には懇親会が催され、またテーマ毎のワークショップにおいて優秀な企画を提案したチームの代表者との質疑応答によるポスターセッションも実施され、多くの学生が積極的に参加していました。

11月の最終プレゼンテーションに向けて、いよいよ本格的に動き出したSカレ。学生たちの健闘を応援したいと思います。

ページトップ