第18回ミナトガワ夜市に学生が出店

第18回ミナトガワ夜市に学生が出店

公開日:2012年8月27日

神戸新鮮市場

第18回ミナトガワ夜市が8月25日(土)、神戸湊川の神戸新鮮市場で行われ、本学学生のRYUKA被災地復興サポートチームとRYUKAラボが出店しました。

2団体は7月23日から8月24日まで神戸湊川のマルシン市場で、学生チャレンジショップとして喫茶と物販の店「きしな屋&三陸屋」をオープン、今回の夜市には特別参加で出店しました。喫茶では飲み物やスイーツ、軽食を提供、物販では宮城県三陸町の特産品を販売し、東日本大震災復興を支援しました。

神戸新鮮市場

RYUKA被災地復興サポートチーム代表の時井勇樹さん(サービス産業学部4年生)は「学生チャレンジショップとしての常設は終わりましたが、被災地に喜んでもらえるよう私たちができることをこれからも続けたい」と話しました。

他のメンバー(商学部3年生)は「この1カ月の商業体験で学んだことを踏まえ、違う環境でもそれを生かして活動していこうと思います」と語りました。

ページトップ