日産自動車LoB企画 最終報告会を実施しました

日産自動車LoB企画 最終報告会を実施しました

公開日:2014年1月7日

LoB(ライフ・オン・ボード Life on Board)  新しい価値と経験を

2013年12月18日(水)本学にて、日産自動車LoB新企画最終報告会を行いました。
LoB(ライフ・オン・ボード Life on Board) とは乗り込んでから降りるまで、あらゆるシーンに新しい価値を提供しようという日産自動車が提唱する技術開発のコンセプトです。

2011年度に始まり3回目の実施となるこの企画は、学生の視点から車のインテリアについて運転しやすい、快適、上質と感じるようなLoBに関する提案を行うというものです。

10月初旬の説明会からスタートし、10月30日のワークショップ、11月27日の中間プレゼンテーションを経て、18日の最終報告会では12チーム、74名の学生がプレゼンテーションを行ないました。

日産自動車LoB

日産自動車LoB

日産自動車LoB

審査員として日産自動車本社よりインフィニティ製品開発本部主管の森達朗氏をはじめとする4名が来学され、緊張した空気の中、無免許運転による事故や盗難の防止のためのシステムや、緊急時警報装置を搭載した車、女性の視点を取り入れ内装・外装のカラー選択をより自由にという提案などが高い評価を受けました。

4項目20点満点での審査の結果、1~3位までのチームと審査員特別賞が決定し、終了後の懇親会で表彰が行われました。

日産自動車LoB

1位のチーム「シュークリーム」と指導の清水信年教授

  • 1位: チーム「シュークリーム」(清水信年ゼミ)
    Theft/Unlicensed 防止システム
  • 2位: チーム「Mode」(山下貴子ゼミ)
    緊急時用活躍車
  • 3位: チーム「登山」(山下貴子ゼミ)
    色を使った軽自動車市場の活性化
  • 審査員特別賞: チーム「Ryuuuuka」(東利一ゼミ)
    においを嗅ぎ分ける車

今回の最終報告会について森主管は「中間報告と比べて、内容・発表ともに飛躍的に進歩していて驚きました。普段聞くことのない学生の意見を聞くことができて新鮮でした」とお話しになり、石井学長は「新しいものや何かの解決策を作り出すのはとてもパワーの必要なことですが、机に向かっての勉強とはまた違った楽しさを感じることができたのではないでしょうか」と学生を労いました。

上位4チームは来年2月5日に厚木市のNTC(日産テクニカルセンター)で、日産自動車株式会社の方々の前でプレゼンテーションを実施することが決定しています。

ページトップ