「KOBE”にさんがろく”PROJECT」キックオフ会が開かれました

「KOBE”にさんがろく”PROJECT」キックオフ会が開かれました

公開日:2014年7月2日

神戸産農水産物の魅力を発信

ああ

平成24年度に始まり、今年で3年目の実施となる「KOBE”にさんがろく”PROJECT」。 このプロジェクトは神戸独自の6次産業化・農商工連携と神戸産農水産物の魅力を発信する新たな施策として、神戸産農水産物を使用して若者(大学生)のアイデアと企業のノウハウを活用した新たな「ものづくり」と、若者(大学生)と農漁業者と企業の連携・交流を促進する新たな「ネットワークづくり」を図るものです。

ああ

6月30日(月)、2014年度同プロジェクトの「キックオフ会」が神戸市産業振興センターで開催され、兵庫県下の7大学から24チーム、TRI企業45社、TRI農漁業者19団体の方が一堂に会しました。

プロジェクトの開始のごあいさつの後、TRI農漁業者、TRI企業、大学生が、自分たちが求めていること、やりたいことなどについて自己PRを行いました。 本学からは商学部・サービス産業学部から10チームが参加し、「神戸で獲れる魚とその調理法とともに広めたい」「若者の魚離れを解消したい」「スィーツと野菜をコラボさせたい」など熱く語りました。

ああ

プロジェクトは今後7月~8月にかけて学生とTRI企業・農漁業者がチームを結成し、11月いっぱいまでかけてアイデア商品づくりを行い、12月上旬にはアイデア商品提案会を実施。 優秀なアイデアについては商品化が検討され、3月までに実際に商品として販売される運びとなります。

流通科学大学では2012年度優秀賞(髙橋ゼミ *Girls+*)、2013年度最優秀賞(神戸市長賞 髙橋ゼミ Girls+2) と優秀な成績を収めており、今年度も学生の活躍に大きな期待がかかります。

ページトップ