神戸電鉄と連携 「三木平井山おもてなしウォーク」を催行しました

神戸電鉄と連携 「三木平井山おもてなしウォーク」を催行しました

公開日:2014年9月18日

黒田官兵衛ゆかりの地を散策

関和俊准教授(サービス産業学部)のゼミの学生と神戸電鉄粟生(あお)線活性化協議会の連携による企画「三木平井山お・も・て・な・しウォーク」が、2014年9月15日(祝)催行されました。

三木平井山おもてなしウォーク

この催しは神戸電鉄鈴蘭台駅から貸切列車に乗車し、恵比寿駅までの約40分の間に関ゼミの学生が「脳トレ体操」や「効率の良い歩き方」を指導、下車後はボランティアガイドの方と共に、三木合戦での秀吉本陣跡などを訪れる約2時間のウォーキングを楽しむものです。

天候にも恵まれた当日は53名の方が参加され、車内での脳トレ体操では、普段あまり使わない身体の部分のトレーニングに、楽しみながら笑顔で取り組んでいました。

ページトップ