阪神タイガース連携企画 中間プレゼン報告会を実施しました

阪神タイガース連携企画 中間プレゼン報告会を実施しました

公開日:2014年11月27日

テーマは「学生が提案するファン拡大策」

11月8日(土)流通科学大学において、阪神タイガース連携企画「学生が提案するファン拡大策」中間プレゼンテーション報告会を実施しました。

これは「地域球団をいかに活性化するか?」を課題に本学のゼミ(チーム)対抗で競い合い、より良い提案を行おうというものです。

報告会のはじめに、株式会社阪神タイガース常務取締役営業部長 粟井一夫様より、「もちろん『勝てるチーム作り』がいちばんのファン拡大策ですが、そこには資金面、運・不運などさまざまな要素があります。この企画でのファン拡大策はビジネスプランの提案です。若い学生さんのフレッシュで熱い気持ちのこもった、そして我々では考えつかないような企画を期待しています。即効性のある企画も期待していますが、長い目で徐々にファンを増やしていただけるような企画も歓迎ですので、いろいろなアイデアを思う存分出してください」とお話しいただきました。

その後3つの教室に分かれて、数チームずつ中間プレゼンテーションを実施しました。
まだまだ企画段階ですが、きらりと光る企画もあったようです。

最終プレゼンテーション報告会は12月24日(水)に予定されています。

阪神タイガース連携企画 中間プレゼン報告会

阪神タイガース連携企画 中間プレゼン報告会

ページトップ