KOBE“にさんがろく”PROJECT で最優秀賞グランプリ

KOBE“にさんがろく”PROJECT で最優秀賞グランプリ

公開日:2014年12月11日

6月にスタートした「平成26年度“にさんがろく”PROJECT」。 2014年12月10日(水)、神戸市産業振興センターで最終審査となるアイデア提案会が行われ、本学でマーケティングを学ぶ学生チーム「チーム高橋ゼミ」が最優秀賞グランプリを受賞しました。

7大学23チームの頂点に

グランプリを受賞した「チーム髙橋ゼミ」と農漁業者、企業の皆さん

グランプリを受賞した「チーム髙橋ゼミ」と農漁業者、企業の皆さん

「KOBE“にさんがろく”PROJECT」は平成24年度より神戸市が実施している企画で、神戸産農水産物を使用して若者(大学生)のアイデアと企業のノウハウを活用した新たな「ものづくり」と、若者(大学生)と農漁業者と企業の連携・交流を促進する新たな「ネットワークづくり」を図るものです。

最終審査となるアイデア提案会では学生によるプレゼンテーション(1チーム3分)の後、チームごとにブースで展示や試食の提供などを展開、その後「斬新さ・個性」「神戸らしさ」など5項目を審査員が採点し、グランプリ・準グランプリ・その他特別賞が決定しました。

丼で神戸を変える

チーム高橋ゼミの提案は「神戸丼」。牛すじ丼に神戸産のしらすと海苔、水菜をプラスしたもので、丼1杯で海も山もある神戸を味わいつくすことができるというものです。 献立内容の工夫と味の良さはもちろん、「丼で神戸を変える~町おこし~」をコンセプトに、神戸産の野菜と水産物の中から3品目を用いた丼を「神戸丼」と定義し、「K-1グランプリ(神戸丼グランプリ)」を開催するなど、プロモーション方法まで深く検討された企画が高く評価されました。

流通科学大学からは4ゼミ、9チームが参加  アドバイザー特別賞も受賞

アドバイザー特別賞を受賞した「栗田ゼミ」と農漁業者、企業の皆さん

流通科学大学からは今年度のプロジェクトに井上芳郎教授、栗田真樹教授、加藤慶一郎教授、髙橋広行准教授の4つのゼミから9チーム、計58名が参加し、スイーツ「Fシュルト」を提案したチーム「栗田ゼミ」は「アドバイザー特別賞」に選ばれました。 「Fシュルト」は神戸市北区産のフレッシュないちごを丸ごと使用したシュークリームとタルトを合わせた新しい形のスイーツです。

その他、受賞を逃したチームも熱のこもったプレゼンテーションやブース展示を行い、それぞれのチームの健闘が光りました。

参加チーム一覧

チーム名 商品名・コンセプト
TUMYスウィーツ 神戸市西区で採れた野菜を使ったスティック状のパウンドケーキ。
手軽で食べやすく、野菜の食感を活かしたお菓子。
栗田ゼミ 「Fシュルト」  自分へのごほうび、家族への手土産に買って帰りたくなるようなスイーツ。
こうべらしいおしゃれ・高級感をイメージしたスイーツ。
RYUKAグルメ 「奏でるクイニーアマン」ゆっくりと過ごしながら気軽に食べられる神戸のおしゃれなスイーツ。
スイーツとしてだけでなく軽食としてもOK。
セグメンズ神戸 「もっちりカリジュワ中華街」 神戸の海産物「須磨海苔」「いかなごのくぎ煮」「しらす」を使った新感覚の中華三点セット。
チームぷりん 「おしゃれ釘煮」栄養たっぷり新感覚のくぎ煮。 イカナゴのくぎ煮に須磨海苔を加え、4つの味(カレー・中華・洋風・和風)で展開します。
チーム高橋ゼミ 神戸丼。丼で神戸を変える~町おこし~
Amore-Mio 神戸トマトとレモンのジャムパン。神戸のトマトをパンによく合うジャムにし、さらにレモンを入れることにより甘すぎず、酸味のしっかりた味わいに。
ミキティズ KOCHAN’Sバーガー、神戸牛ライスバーガー
「おしゃれな街、神戸」ではなく、「おしゃれで農産物も採れる街、神戸」のイメージ作り。
あまり知られていない「神戸米」も宣伝。
チームベジ 「ハニーラディッシュ」 野菜をおしゃれにおいしく、かわいいスイーツに。
冬の神戸で取れた大根を使い、タルトケーキをつくりました。

KOBE“にさんがろく”PROJECT

KOBE“にさんがろく”PROJECT

KOBE“にさんがろく”PROJECT

KOBE“にさんがろく”PROJECT

KOBE“にさんがろく”PROJECT

KOBE“にさんがろく”PROJECT

KOBE“にさんがろく”PROJECT

KOBE“にさんがろく”PROJECT

KOBE“にさんがろく”PROJECT

ページトップ