阪神タイガース連携「学生が提案するファン拡大策」 最終報告会を実施

阪神タイガース連携「学生が提案するファン拡大策」 最終報告会を実施

公開日:2015年1月6日

流科大のアクティブラーニング

2014年12月24日(水)、阪神タイガースと連携最終プレゼン報告会が行われ、27チーム、140名が参加、商学部3年生のチーム「TIGER(ティガー)」が優勝しました。

阪神タイガース連携「学生が提案するファン拡大策」

優勝のチーム「TIGER」(商学部3年生)

テーマは「大阪・神戸の地域球団 阪神タイガースファン増加」

今回の連携企画ではメインテーマ「大阪・神戸の地域球団 阪神タイガースファン増加」のもとに、以下の4つのサブテーマが設定されました。

  • 「球団で実際に観戦したい」と思ってもらえるための取り組みの提案
  • 球場内で観客の満足度を向上させる施設やイベント・演出などの提案
  • 球場の周囲で、試合前や試合後に来場者を楽しませる施設やイベントなどの提案
  • 応援グッズやコスチューム、ノベルティグッズなど、持つ人もそれを目にする周囲の人も喜ぶ商品の提案

ターゲットを球場に呼ぶためのイベント企画、SNSや最新技術を使ったユニークな演出など、各チームとも知恵を絞ったレベルの高い提案を発表する報告会となりました。

優勝チーム「TIGER」による「TORACO(トラコ)女子を虜にするグッズ改善策」は、タイガースとカープのグッズを比べて投票させるなど、独自でアンケートを取り入れた新たなグッズを提案。さらにグッズを促進するためのダンスを実際に披露するなど、最近の女性ファンの動向を取り入れた発想力とパフォーマンスのあるプレゼンテーションが高く評価されました。

報告会終了後は表彰式が行われ、「TIGER」チームを含む5つのチームの提案が表彰され、受賞者には、本企画限定の阪神タイガースオリジナルボールペンと2015年シーズンの阪神戦チケットを特別にプレゼントしていただきました。

その後RYUKA DININGで行われた懇親会では、審査員としてご参加いただいた阪神タイガースの役員・社員の皆さまと共に、関係者らが約3 ヵ月に及んだ取り組みを称えあいました。

阪神タイガース連携「学生が提案するファン拡大策」

阪神タイガース連携「学生が提案するファン拡大策」

最終結果

  • 優勝   TIGER(ティガ-)  「TORACO女子を虜にするグッズ改善策」
  • 準優勝  虎流(とらりゅう)  「甲子園に行きタイガース企画!!」
  • 3位    Lucky7(ラッキーセブン)  「虎の潜在ファン獲得への道」
  • 事業化賞 B8(ビーエイト)  「レディースDAY」
  • 事業化賞 トラキチ  「トラッキーUNIVERSITY」

ページトップ