奈良県吉野でカフェをオープン 観光を学ぶ柏木ゼミ

奈良県吉野でカフェをオープン 観光を学ぶ柏木ゼミ

公開日:2015年11月9日

奈良県吉野でカフェをオープン

2015吉野プロジェクト 奈良県吉野町×流通科学大学

観光を学ぶサービス産業学部の学生9名が10月31日・11月1日の2日間、奈良県吉野でカフェをオープンしました。

一般社団法人吉野ビジターズビューローとの連携企画で、吉野町での「森林セラピー」を推進している同団体が、そのための旅行商品開発を柏木千春教授(人間社会学部)に依頼により、観光マーケティングを専門とする柏木教授のゼミに所属する3年生9名がチャレンジしました。

「森林セラピー参加者の皆さんに癒しの空間を」「神戸の商品を吉野の方々に」というコンセプトのもと、「森林セラピー」ルート中の仙人広場前には「美林カフェ」、吉野町の研修会館には「まちなかカフェ」の2種類のカフェをオープン。セラピーに参加した時に「あったらいいな」と思うサービスを考えました。

当日は神戸の老舗コーヒー専門店にご協力いただいたコーヒー、布引ハーブ園(中央区)から仕入れたハーブティー、スイーツはゴーフルや瓦せんべいなど神戸の商品を揃え、お客様をお出迎え。 静かな癒しの森林にある美林カフェでは、山歩きの途中でほっと一息つけるようコーヒーを提供してたいへん喜んでいただき、まちなかカフェはオープンと同時に地元の皆さんで満席になる盛況ぶりでした。手作りの看板やディスプレイ、手書きのイラスト入りのクッキーもかわいいと好評でした。

今回の企画では損益のリスクも含めてメニューの企画や仕入れ、店舗の準備などすべて学生が担当しましたが、両日合わせて105組のお客様にご来店いただき、予想以上の売り上げを達成することができました。

谷康平さん

カフェに来られた地元の方に、吉野には人が集まってお喋りする場所が少ないので定期的に開催して欲しいといっていただけて嬉しかったです。もともとは森林セラピーをPRすることが目的でしたが予想以上に地元の方に参加していただき、結果としては吉野の地域活性化にも繋がりました。

村上豪さん

仕入れでいろいろな業者の方と折衝したり、企画を伝えるプレゼンテーションを考えたりと、社会人になった時にきっとプラスになる体験ができました。

吉野の田園風景

吉野の田園風景

美林カフェ

美林カフェ

美林カフェ担当の学生

美林カフェ担当の学生

テーブルコーディネートは手づくり

テーブルコーディネートは手づくり

チョコペンでクッキーにイラスト

チョコペンでクッキーにイラスト

笑顔でおもてなし まちなかカフェ

笑顔でおもてなし まちなかカフェ

関連リンク

ページトップ