「KOBE“にさんがろく”PROJECT」アイデア提案会で準グランプリ

「KOBE“にさんがろく”PROJECT」アイデア提案会で準グランプリ

公開日:2015年11月30日

昨年の最優秀グランプリに次ぐ受賞

KOBE“にさんがろく”PROJECT

7月にスタートした「平成27年度KOBE“にさんがろく”PROJECT」。
2015年11月26日(木)デザインクリエイティブセンター神戸(中央区)にて最終審査となるアイデア提案会が行われ、本学でマーケティングを学ぶ学生チームが参加しました。
「KOBE“にさんがろく”PROJECT」は平成24年度より神戸市が実施している企画で、神戸産農水産物を使用して若者(大学生)のアイデアと企業のノウハウを活用した新たな「ものづくり」と、若者(大学生)と農漁業者と企業の連携・交流を促進する新たな「ネットワークづくり」を図るものです。

今年度のアイデア提案会では、参加した7大学21チームがそれぞれの提案を3分でプレゼンテーションし、ポスターディスカッションや各提案商品の試食などを行いました。 その後、TRI企業*・農漁業者*・アドバイザー・一般市民による第一次審査が行われ、7チームが選抜されました。

次にアドバイザー3名による第二次審査(公開審査)では、最多票(同数)2チームのうちの1つに本学チームが選ばれました。 2チームに対する再投票では残念ながら次点となりましたが、全体で第2位となる「準グランプリ」を受賞しました。
このプロジェクトのレベルが年々上がってきている中、本学チームがリゾットでもなくお茶漬けでもない「新しいごはん」として提案した「神戸リゾッ茶」は、最新技術である真空乾燥技術を活用して被災時の非常食としても考えられている点や、これからの農業においてその活用がますます重要になってきている「米」を活用している点などが、アドバイザーに高く評価されました。

提案プレゼンテーション

提案プレゼンテーション

神戸リゾッ茶 試食

神戸リゾッ茶 試食

神戸産の新米や野菜を使用

神戸産の新米や野菜を使用

ポスターディスカッション

ポスターディスカッション

審査員からご意見をうかがう

審査員からご意見をうかがう

準グランプリを受賞

準グランプリを受賞

青田真澄さん 商学部3年生

私たちのチームは「阪神淡路大震災から20年」と「神戸産野菜の知名度アップ」という点をポイントに置いて企画をすすめました。 パワーポイントの作成、プレゼン、試食会の設置・装飾など8人それぞれが得意分野を発揮し、優勝を狙うつもりで取り組みました。 メンバーの1人は「製品戦略論」という授業でこのプレゼンを発表し、受講生からフィードバックをしてもらうなど、いろいろな機会を見つけては周りの人の意見を聞き、準備や練習に追われました。 最後の投票結果が出たときは、グランプリを受賞できなかったことが本当に悔しかったですが、短期間のなかでも準グランプリという結果を残せたのは、私たちの強みであるチームワークの良さ、団結力を発揮できたからだと思っています。


 TRI(トライ)企業・農漁業者…若者・農漁業者・企業の3者の”トライ”アングル連携による「ネットワークづくり」「ものづくり」に”トライ”するために、プロジェクトに参画する企業・農漁業者。

ページトップ