清水ゼミ4年生がファイナリスト優秀賞を獲得 商品企画プロジェクト「Sカレ」

清水ゼミ4年生がファイナリスト優秀賞を獲得 商品企画プロジェクト「Sカレ」

公開日:2016年10月11日

未来のマーケターたちを育成するStudent Innovation College“Sカレ”

「Student Innovation College」“Sカレ”は、マーケティングを学ぶ大学生たちが企画から製品化への過程をリアルな現場で体験するゼミ対抗の商品企画プロジェクト。
このプロジェクトは、2006年度に本学清水ゼミと立命館大学西川ゼミ(当時)の2つのゼミからスタートし、学生が商品企画プロセスとそのマネジメントを実際に体験することで、未来のマーケターを育成することを目指しています。

Sカレ2015「内定を勝ち取るための就活ノート」部門
プラン1位の清水ゼミ チーム「Ryukatsu」がファイナリスト優秀賞!

「Ryukatsu」がファイナリスト優秀賞!

商学部 清水信年教授のゼミ チーム「Ryukatsu」は、2015年12月13日に流通科学大学で実施された冬カン(Winter Conference)で、株式会社マイナビが協力する「内定を勝ち取るための就活ノート」テーマ部門において、プラン1位を獲得。

同チームが提案した「インターンシップから始める就活ノート」は、内定を勝ち取るうえで早い時期にインターンシップに参加するなど就活に積極的な学生をターゲットに、インターンシップの参加を促すとともにその経験を存分に活かせるノートとして企画され、2016年夏にマイナビにおいてノベルティグッズとして実現されました。

その後、学生たちは自身の就職活動をこなす忙しい日々を過ごしながら、2016年10月9日(日)に立命館大学で実施される秋カン(Autumn Conference)でのSカレ2015ファイナリスト総合優勝を目指し、プレゼンテーション準備を進めてきました。 目標だった各テーマ部門プラン1位のファイナリスト 計7チームで争う総合優勝には届かなかったものの、数度に渡る探索的調査をはじめとした「マーケティング活動」、マイナビと連携したWebサイト・アプリとノートという「商品の独自性」が大きく評価され、ファイナリスト優秀賞という輝かしい結果を残すことができました。

ファイナリスト最終プレゼン Ryukatsu

清水ゼミ チームRyukatsu

受賞者インタビュー チーム「Ryukatsu」

濱岡大智さん(清水ゼミ4年生)

今日のために精一杯準備して、この素晴らしい舞台でプレゼンすることができ、 ファイナリスト優秀賞を獲得できました。 これまで我々をご支援・ご指導いただいたマイナビ様、清水先生を始め、ご協力頂いた皆さま、誠にありがとうございました。社会人になってもこのSカレでの経験を役立てていきたいと思います。

奥井優樹さん(清水ゼミ4年生)

1年半のSカレの活動において、自分たちの企画を商品化していく過程で「ターゲティング」「ポジショニング」の面白さと達成感を肌で感じながら、最終プレゼンを行うことができ、喜びと達成感でいっぱいです。
これからビジネスの世界で活躍するために、今回の経験をしっかり活かしていきたいと思います。

田中真太郎さん(清水ゼミ4年生)

総合優勝を目指していたので、悔しい結果となりましたが、Sカレで得た経験を社会人になってからも存分に活かしていきたいと思います。
後輩のみなさん、「インターンシップから始める就活ノート」が、今後の就職活動において重要なパートナーとなると思います。ぜひ活用してください。

清水信年教授(商学部)

チーム「Ryukatsu」はSカレの活動を通して大きく成長しました。商品を企画・販売するために、地道な努力を続け、さまざまな経験を経て、本日の最終プレゼンの舞台に立つことができました。
私の究極の目標は、彼らが社会に出てから、流通科学大学の卒業生としてさまざまなビジネスシーンで大いに活躍することです。
この舞台に立てたことを誇りに思い、社会に出てさまざまなことに挑戦してほしいと願っています。

ページトップ