マラソンイベントでフィールドワーク・ボランティアなど実施 山口ゼミ

マラソンイベントでフィールドワーク・ボランティアなど実施 山口ゼミ

公開日:2018年11月27日

人間社会学部 山口ゼミ スポーツマーケティングを学ぶ学生が参加

赤穂シティマラソン大会 ランナー調査・実習

11月11日(日)に赤穂市で開催された「赤穂シティマラソン」にて、山口ゼミの学生9名(2年生5名、3年生1名、4年生3名)がランナー調査を実施しました。

赤穂シティマラソンは今年で8回目を迎えており、全国各地から4,814名が集まる人気イベントです。2015年よりスタートした本ランナー調査は4年目を迎えており、年々ランナーへの認知度が高まっています。2年生にとっては初めての調査でしたが、赤穂市最大のスポーツイベントでのフィールドワークは、スポーツマーケティングを学ぶ学生にとって多くの学びを得る機会となりました。

また、健康サービス企画運営実習を受講する3・4年生19名が会場内においてイベント実習を行いました。今回の現地での実習を生かし、学生たちは12月末に赤穂市教育委員会スポーツ推進課の方に対し、赤穂シティマラソンの活性化に向けたプランを提案する予定です。

赤穂シティマラソン大会

スポーツマーケティングを学ぶ

神戸マラソンで沿道ボランティア

11月19日(日)に開催された「神戸マラソン2018」において、山口ゼミの学生14名が沿道ボランティアとして参加しました。

学生はゴール地点であるポートアイランドと神戸を結ぶ神戸大橋(38.0キロ地点)の上で、ラストスパートを迎えるランナーに声援を送り、神戸マラソンを盛り上げました。

また同ゼミの4年生1名と3年生3名がランナーとして神戸マラソンに参加し、無事完走を果たしました。

2014年から4年連続のボランティア参加となり、本年は山口志郎准教授が神戸マラソン実行委員会と共同で、外国人ランナーを対象としたインバウンド調査を実施しています。

神戸マラソンで沿道ボランティア

神戸マラソン2018

お問い合わせ

学生部学生課

  • ダイヤルイン:078-794-3552

ページトップ