英語で夢を語ろう! 「英語で学ぶ成功哲学」講義

英語で夢を語ろう! 「英語で学ぶ成功哲学」講義

公開日:2018年12月21日

宝地図(vision board)で夢に近づく

濱田真由美准教授(商学部)が担当する「英語で学ぶ成功哲学」/「英語プレゼンテーション」は、英語学習と自己実現を組み合わせた内容言語統合型学習(CLIL)のコースです。
ポジティブ心理学や脳科学に基づく潜在意識活用法を取り入れ、夢や目標の実現に役立つ知識や考え方、実践法を英語の文献や映像を通じて学びます。

12月18日(火)の講義では、学生が作成した「宝地図」(vision board)の発表が英語で行われました。

「英語で学ぶ成功哲学」講義

「宝地図」とはコルクボードなどに手に入れたいもの、訪れたい場所、就きたい職業、将来の理想の姿などをイメージさせる写真や言葉を貼ることで、夢や目標を可視化する自己実現ツールの一つです。
「宝地図」を目につく場所に置き、夢が叶った時の自分の姿を繰り返しイメージすることで、夢や目標を実現するために必要な情報を認識しやすくなり、アイデアが湧きやすくなります。
また、自己肯定感が高まることで人生に対する考え方や態度が変化し、目標に向かって積極的な行動を起こしやすくなる、などの効果もあるとされています。

受講生は「宝地図」を用いながら、「ほしいもの」「行きたいところ」などの身近な夢から、「海の見えるバルコニーがある家に住みたい」「世界的に有名なDJになりたい」といった少し将来の大きな夢まで、個性豊かに熱く語りました。

濱田准教授は「この地図は必ず手元に残しておいてほしい。夢がかなうかどうかはまず行動(アクション)を起こすことにかかっています。夢を持つことの素晴らしさと自分の中にある可能性に気づき、積極的な行動に結びつけてもらいたい」と話しました。

「英語で学ぶ成功哲学」講義

「英語で学ぶ成功哲学」講義

「英語で学ぶ成功哲学」講義

関連リンク

※PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、リンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教務部

  • ダイヤルイン:078-794-3557

ページトップ