国際交流施設学生寮 新春餅つき大会

国際交流施設学生寮 新春餅つき大会

公開日:2019年1月10日

新春餅つき大会

学生約50名が参加 日本文化を体験

国際交流施設学生寮内で1月9日(水)、新春餅つき大会を実施、寮生を中心に学生約50名、教職員やキャラクター“りゅうか”も参加して楽しいひとときを過ごしました。

新春餅つき大会

施設中央部のピロティに臼と杵が用意され、寮長の八木雅史教授の実演指導のもと、学生が交代で杵を手にしました。
慣れない学生たちは最初はおそるおそる、慣れてくるとリズミカルに、また女子学生は杵の重さに驚きつつお餅をついていきました。

参加者に味噌仕立てのお雑煮とおしるこが提供された後、お正月らしく和室で百人一首に興じました。
留学生も読手に挑戦し、旧仮名遣いに苦労しながらの読み上げに、会場となった和室はあたたかな笑いに包まれました。

新春餅つき大会

新春餅つき大会

このイベントは寮生の有志団体“RPG”が中心となって企画したもので、国際交流施設学生寮では今後もこのような学生たちの交流イベントを継続して開催していく予定です。

関連リンク
お問い合わせ

附属国際交流施設学生寮事務室

  • ダイヤルイン:078-794-3362(土・日・祝を除く 9:00~17:45)

ページトップ