「コーネル大学RMPジャパン」第10期生の講義を実施しました

「コーネル大学RMPジャパン」第10期生の講義を実施しました

公開日:2019年2月21日

食品流通業の次世代ビジネスリーダーを育成

コーネル大学リテール・マネジメント・プログラム・オブ・ジャパン(以下、コーネル大学RMPジャパン)は、一般社団法人新日本スーパーマーケット協会*の創立50周年を記念し、2008年に開校した業界内次世代育成プログラムで、流通科学大学での開催は今年7回目となります。(※ 現 一般社団法人全国スーパーマーケット協会)

コーネル大学RMPジャパンは、国内にいながら米国屈指のコーネル大学FMIP(食品産業マネジメントプログラム)における実践的な世界標準の経営理論と、それに基づいた日本の実務理論を学び、経営者として必要不可欠な要素を身につけ、経営のプロフェッショナルを養成する講座として注目されています。

2019年2月20・21日(水・木)の2日間にわたって流通科学大学で開催された講義では、中内潤学長をはじめ石井淳蔵名誉教授、清水信年教授(大学院研究科長)が講師を務め、中内功記念館やキャッシュレジスター博物館を見学する時間も設けられました。

講義テーマ

中内潤 理事長兼学長 学長講演
石井淳蔵 名誉教授 小売業発展史、マーケティング3.0への挑戦
清水信年 流通科学研究科長 ケースで学ぶマーケティング

中内潤 理事長兼学長

中内潤 理事長兼学長

石井淳蔵 名誉教授

石井淳蔵 名誉教授

清水信年 流通科学研究科長

清水信年 流通科学研究科長

中内功記念館見学

中内功記念館見学

お問い合わせ

流通科学大学(代)

  • ダイヤルイン:078-794-3544

ページトップ