【瀬戸内カレッジ】で奮闘中。羽藤ゼミの学生たちが新聞に!

【瀬戸内カレッジ】で奮闘中。羽藤ゼミの学生たちが新聞に!

公開日:2019年10月7日

現在、【瀬戸内カレッジ】に参加中の本学羽藤ゼミの学生たちが、9月17日付の交通新聞に掲載されました。

瀬戸内カレッジ

PDFを開(8.72MB)く

大学生による瀬戸内エリアの魅力発見プログラム【瀬戸内カレッジ】。 【カレッジ】とは、JR西日本・自治体・大学が連携し『若者視点を活用した地域活性化』『旅行需要の喚起』『学生の成長機会創出』を目指し、2012年度にスタートした産官学プロジェクト。以降毎年、北陸、南九州、新潟エリア等で行われており、2019年度は瀬戸内エリアが対象となりました。

羽藤ゼミの学生たちは、昨年の『南九州カレッジ』にも参加。『瀬戸内カレッジ』は2度目のチャレンジとなります。8月19日~21日の3日間、対象地域である松山市・広島市・呉市・廿日市市に足を運び、体験実習を行ったゼミ学生たち。3日間のさまざまな出会いや感動を踏まえて、現在、自分たちなりの旅行プランを考案中。試行錯誤を繰り返しながら、11月9日(土)の報告会に向けて準備を進めていきます。

今回参加しているのは、本学を含め近畿・東京・広島の大学生計約70名。各大学の対象地域でそれぞれ体験実習を行い、大学生目線での旅行プランや課題解決に向けたアイディアの提案、地元PRを展開していきます。

昨年の『南九州カレッジ』成果発表会の様子

ページトップ