海外でカフェ文化を勉強。【トライやるイヤー制度】で縮まった夢への距離

海外でカフェ文化を勉強。【トライやるイヤー制度】で縮まった夢への距離

公開日:2019年10月7日

トライやるイヤー制度

9月25日(水)、【トライやるイヤー制度】を利用した学生による活動報告を行いました。

2018年9月から1年間の制度を終えた中村美潮さん(商学部4年)。この日は、後半の活動内容、半年間の体験を通して感じたこと・気づいたこと・成長したこと、新たに見えた課題、今後の目標などについて発表しました。

最初の半年をカフェで働きながら学ぶ時間に充てた中村さん。後半に向けて掲げた『海外でカフェ文化の勉強をすること』『自分がやりたいお店の計画を練ること』を達成するため、世界一のカフェの街と言われるオーストラリア・メルボルンへ。現地のカフェ文化に直に触れ、さまざまな気づきや学びを体得。そのため、「まだまだいろんな知識を得たいと実感。料理などの勉強をもっとしてから考えたい」と、『店舗計画』についてはこれからじっくりと考えていくそうです。

この半年間、カフェでの仕事も継続。オーナーの仕事を任せてもらえるようになったり、カフェ運営に係るさまざまな話を聞いたり、新たなお菓子作りへ挑戦したり、「この制度のおかげで、アルバイトでは経験できなかった仕事ができるようなりました」と中村さん。卒業後はそのままこのカフェに就職し、正社員として働きながら、夢の実現へ向かいます。

中村美潮さん

トライやるイヤー制度修了証書を授与

ページトップ