2022年度後期通学困難申請の取り扱いについて

2022年度後期通学困難申請の取り扱いについて

公開日:2022年8月8日

在学生の皆さんへ

 2022 年度後期においても、新型コロナウイルス感染症の状況に鑑み、通学が困難である特別な事情を有する場合は、以下の要領にて「通学困難申請書」の受け付けをいたします。

 新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ感染症)の感染予防を目的として、2022 年度後期において、コロナ感染症に感染した場合に重篤化する可能性が高い学生について、対面以外での受講を認めます。

 以下の手続きに沿って申請してください。

 申請が受理され、許可された場合は、大学への登学は一切認められません。クラブ活動等、授業以外の目的も含め、大学に通学できなくなりますので、提出にあたってはご注意ください。図書館の利用については、図書の郵送による貸出し返却サービスなども行う予定です。

1.申請方法

「通学困難申請書」を期日までに教務部に提出し、申請してください。

申請書の提出は以下のいずれかの方法により行ってください。

  1. 以下のボタンよりデータまたは写真を添付し提出

    2022年度 後期 通学困難申請フォーム

  2. 流通科学大学教務部カウンターへ対面にて直接提出
  3. 流通科学大学教務部宛てにて郵送で提出

    注)8月18日(木) 必着

申請書類

通学困難申請書

 提出書類については内容を確認し、不足がある場合には改めて期日設定をした上で再提出を求めることとします。いかなる理由があっても、この期日以降には受付いたしません。

 提出された通学困難申請書に記載の内容については、学内関係部署にて共有いたします。クラブ顧問等もその中に含みます。別添の診断書等の内容は申請の審査にのみ使用し、学長、副学長、学部長、教務部、保健室以外への情報共有はいたしません。

2.申請受付期間等

受付期間:2022年8月8日(月)~8月18日(木)
【期間終了後は受付いたしません】

通学困難申請書の有効期間は、2022年9月22日(木)~2023年1月30日(月)です。
有効期間中は、日曜・休日や、授業以外の用件についても登学はできません。

3.申請にあたっての注意点

 通学困難認定者は、対1)講義名(対面1の科目)と、対)講義名(対面のみ科目)の科目は履修できません。もし誤って履修した場合、変更ができませんので十分注意してください。履修取り消し期間に取り消しは可能ですが、代わりの授業の登録はできません(日程は後日RYUKA Portal で案内予定)。

 「通学困難申請書」の承認は学外での行動を直接制限するものではありませんが、コロナ感染症への感染防止のための申請という主旨を理解した行動をお願いします。

 通学が可能となった場合は、以下のボタン「通学困難申請の取消願い」を教務部に提出してください。

通学困難申請の取消願い

資料請求

大学案内

ページトップ