あたたかい気持ちを“カタチ”に。今年も『秋の献血』を実施

あたたかい気持ちを“カタチ”に。今年も『秋の献血』を実施

公開日:2022年12月2日

学内献血

過ごしやすい気候に恵まれた11月22日(火)、『秋の献血』を実施しました。

学生会が設立以来取り組み続けている、学内献血。今回は、63名が受付し、献血基準を満たした53名が献血。学生・教職員だけでなく地域の皆さまも参加してくださいました。

検査を受ける人たち

献血の受付

長引くコロナ禍により、血液は常に不足している状況。そんな現状と、懸命な呼びかけを行う学生会の思いに応えるように、次々と受付へ足を運んでいた学生たち。「今まで献血をしたことがないからちょっと怖いけど、行ってみようかなと思って」と話す声も聞こえました。

献血をする学生

献血を呼びかける学生会

この日集まった一人ひとりの“あたたかい気持ち”が、輸血を必要とする多くの方々に届くことを願っています。

ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。
次回は、2023年春の実施を予定しています。

今回タイミングを逃してしまった人は、ぜひ次回、参加してほしいと思います。

参加者のコメント

「父親がずっと献血に参加していて、これまでも誘われていたけどなかなか機会がなくて。でも今日、大学にきたら献血をしているのを見つけて、初めてで怖いけどやってみようと思いました」

「学生会からクラブ(和太鼓部)に案内があり、これまで献血をしたことはなかったけど、いい機会だからやってみようと思いました」

お知らせ 新着記事

お知らせ一覧を見る

資料請求

デジタルブック

資料請求

ページトップ