『第21回図書館総合展』に図書館サークルLibroが出展​

『第21回図書館総合展』に図書館サークルLibroが出展​

公開日:2019年12月3日

第21回図書館総合展 Libroメンバー

​11月12日(火)~14日(木)までパシフィコ横浜にて開催されていた『第21回図書館総合展』に、本学の図書館サークルLibroが出展しました。​

​図書館総合展は、図書館関連で最大のトレードショーであり、学習環境・情報流通に関する技術と知見を発表する場です。

Libroが出展したのは、ポスターセッション。装飾ユニットリーダーの林瑞稀さん(商学部2年)が、「ポスターセッションには100を超える出展があります。まず見てもらうにはインパクトが必要だと考えました」と語るように、大きな看板、クリスマスツリーのように華やかな電飾、ディスプレイを内蔵し、動画を上映するなど、出展団体の中でも注目度は1.2を争うほど。

図書館総合展 展示

図書館総合展 展示

今回の出展を含めた活動をサポートしている中川達仁さん(図書館職員)は、「目立つことがすべてではありませんが、多くの方に見ていただきたいと彼らなりに考えた方法なのでしょう」と話してくれました。

最終日に開催された学生協働フォーラムでは、部長の木下巧さん(商学部2年)と副部長の森川航平さん(商学部2年)がステージに立ち、日ごろの活動の成果を発表しました。発表後のグループディスカッションでは、他大学との学生と意見交換をするなど、交流を深めていました。

図書館総合展 展示

図書館総合展 展示

​図書館総合展には、3日間を通じて30,402名の来場者があり、Libroのポスターセッションには720名の方にご訪問いただきました。
彼らの今後の飛躍が楽しみです。

​ポスターセッションはこちら(PDF:2.13MB)

​会場でも上映された活動動画はこちら

Libroの活動スケジュール

Libro 新着記事

Libro一覧を見る

ページトップ