社会共創プログラム

社会共創プログラム

社会共創プログラム

自ら考え、調査し、仲間と協力しながら、学生自身がマーケティングの知識を生かし、
企業や地域・自治体が抱える課題解決に取り組んでいくプログラム。

地 域 編

既存・新規イベントのプロデュースや運営、観光・旅行客の誘致など、
地域を活性化するための企画・提案・運営を行い、目指す業界で求められる幅広いスキルを身につけます。

古民家ウエディング

古民家フォトウエディングを
プロデュース!

『古民家フォトウエディング』とは、海外からの誘客につなげるため、
外国人に和風の結婚様式を体験してもらうイベントとして、三木市が2019年度にスタートさせた取り組み。
2020年度は観光学科・石橋ゼミの学生が、インターネットや観光ガイドを駆使して
三木市内のおススメのフォトスポットをそれぞれピックアップ。
実際に各スポットを見て回り、検討を重ね、最適なフォトスポットを選定しました。
最後には古民家での結婚式をサプライズで行いました。


稲美町の魅力を発信

稲美町の魅力を発信!
『稲美町活性化プロジェクト』

稲美町と連携し、2011年度から行っている稲美町(兵庫県加古郡)の観光まちづくり事業。
人間社会学科・森藤ゼミの学生たちが「移住・定住を促進する」「町内外の方に稲美町の魅力を感じてもらう」ために
稲美町役場と協働しながら、企画・運営しました。
2020年度は、『冬野菜収穫体験』『絵ハガキづくり』を企画。コロナ禍で、一時は開催が危ぶまれましたが、
学生自ら稲美町の方々と何度も検討を重ね、制限の多い状況下でも楽しめる企画を考案し、無事に開催。
例年とは違った大変さもたくさんありましたが、喜んでくれている参加者の方々の姿に、学生たちの表情は達成感に満ちていました。

企 業 編

さまざまな業界の企業とコラボレーションし、新商品開発や新しい販売方法、プロモーションやマーケティング戦略など、
学生ならではの視点で提案。商品化・実用化を目指します。

社会共創プログラム

時代の変化に適応した新しいスイーツ・ビジネスを考えよう!

本学主催の『神戸学生イノベーターズ・グランプリ』(通称 I-1グランプリ)とは、社会に新しい価値をもたらす変革(イノベーション)を起こす知恵を備えた人材育成を目的として、企業が直面している課題を学生らしい視点やマーケティング手法を活用して解決・提案する、コンテスト形式の課題解決企画。2020年度は地元・神戸の企業であるワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)のご協力のもと、「時代の変化に適応した新しいスイーツ・ビジネスを考えよう!」というメインテーマに沿って調査・研究を行いました。3カ月間にわたって取り組んだ後、「発想」「企画」「表現」の3つの合計得点で審査が行われました。


関空発「学生と旅行会社でつくる」海外旅行

RPGをリアル体験できる
旅行プランを提案!
『関空発「学生と旅行会社で
つくる」海外旅行』

『第11回 関空発「学生と旅行会社でつくる」海外旅行』企画コンテスト(一般社団法人日本旅行業協会関西支部・関西エアポート株式会社共催)が行われ、観光学科・山川ゼミの学生たちが応募総数40チームのなかで、最終審査会に進出。企画メンターとして株式会社読売旅行の担当者の方とディスカッションを重ねながら、応募企画をベースに旅行のプロと一緒に旅行商品を作り上げました。最終審査会の結果、山川ゼミの企画【トルコン・クエスト旅~RPGの世界観に浸るトルコ7日間~】が準グランプリを受賞しました。

社会共創プログラム(企業編)最新の情報はこちら!

商品開発一覧を見る

夢の種プロジェクト

資料請求

大学案内

ページトップ