【トライやる・ウィーク】で、中学生たちが学内業務に奮闘中!

【トライやる・ウィーク】で、中学生たちが学内業務に奮闘中!

公開日:2019年11月15日

ライやる・ウィーク

11月11日(月)~15日(金)まで、本学内で【トライやる・ウィーク】を実施中。北須磨中学校、太山寺中学校から2年生3名(男子1名・女子2名)を受け入れ、学内のさまざまな部署で職場体験を行っています。

ライやる・ウィーク

初日となった11日(月)は、大学の概要説明からスタート。その後、『中内功記念館』および『キャッシュレジスター博物館』を見学し、午後からは『図書館』で書籍整理等を行いました。翌12日(火)は、『留学生支援課』で留学生との異文化交流を体験。昼食を挟んで、『就職部』にて学生の就職支援のための書類整理等を体験しました。

大学の雰囲気にも慣れてきた13日(水)は、学内にある『ローソン』にて品出しやレジ等の実習を行い、午後からは清掃活動へ。トライやる・ウィークも終盤を迎えた14日(木)は、学内のレストラン『RYUKA DINING』にてランチの準備・接客・片付け等を行い、午後からは『国際交流施設 学生寮』内での補助業務に勤しみました。

ライやる・ウィーク

ライやる・ウィーク

最終日となる本日15日(金)は、1日を通して『教務部』にて教務関連の補助業務を行う予定です。

毎年、応募が殺到する本学でのトライやる・ウィーク。今年も3名の中学生たちが、日々一生懸命、学内業務に取り組んでいます。
最後まで、楽しみながら、大学での仕事を体験し、学内で過ごした時間を通して、少しでも何かを感じてくれたら嬉しいです。

地域交流 新着記事

地域交流一覧を見る

ページトップ