就職部のアドバイスを聞き、 視野を広げて内定へ。

就職部のアドバイスを聞き、 視野を広げて内定へ。

公開日:2019年4月25日

フジッコ株式会社に内定!

<製造業>

人間社会学部人間健康学科 2019年3月卒業

和田 健吾さん

神戸市立兵庫商業高等学校出身(現・神戸市立神港橘高等学校)

探す

1年生〜3年生

創部後初の優勝メンバーになり、 自信がつきました。

硬式野球部に入部。練習についていくのに苦労しましたが、休まず参加。2年生の時「阪神大学野球連盟新人戦」で創部後初の優勝メンバーになれたことが自信につながりました。 また「企業人との交流」という授業で企業の方からお話を聴く機会があり、受講後に質問したことをきっかけに、その方の仕事の現場を見せていただくなど交流が生まれました。学生では関われない方との人脈ができ、貴重な経験をすることができました。

Bruno

育てる

1年生〜3年生

自分でテーマを見つけて学ぶ 方法を知りました。

兄2人が流科大の卒業生で、充実した学生生活を送り、就職も希望をかなえたのを見て、私も入学を決めました。流科大では1年生は学部の垣根を越えてクラスが編成されるので、人間社会学部以外の友人も多くでき、学生生活が楽しくスタートしました。「フィールド演習」では街に出て通行人の服装などを観察。自分でテーマを見つける学びが新鮮でした。

Bruno

咲かせる

3年生・4年生

就職部のアドバイスを聞き、 視野を広げて内定へ。

当初、スポーツ関係の仕事に就きたいと思っていましたが、就職部から「業界を広げて考えてみては」というアドバイスをもらい、日常生活で親しみのある食品業界に魅力を感じて志望を変更しました。エントリーシートの書き方から面接練習まで、就職部で親身になって相談に乗ってもらい、内定をいただくことができました。

Bruno

私たちは夢を実現させました!

夢の種プロジェクトを体験した先輩たちは、どんな夢を見つけ、育て
咲かせたのか、入学時から振り返って紹介します。

ページトップ