流科大で得た人とのつながりが就職活動にも活きました

流科大で得た人とのつながりが就職活動にも活きました

公開日:2019年8月19日

上利侑也さん

上利 侑也さん

商学部マーケティング学科4年
兵庫県立福崎高等学校出身

六甲バター株式会社内定

流科大の大学案内パンフレットで「マーケティング」という言葉を知り、「マーケティングって何だろう。おもしろそう!」と興味津々で入学しました。1年生の「なりたい自分発見カリキュラム」で企業人のお話を聴く機会があり、自ら行動することの大切さを知りました。そこから大学生の活動を支援するプロジェクトに参加し、社会の様子やいろいろな働き方について知ることができました。
また、友人と被災地を支援するサークルを立ち上げました。約20人で宮城県、熊本県で活動しましたが、流科大には兵庫県のボランティア団体とつながりを作ってもらったり、活動費の面でサポートしてもらったりして感謝しています。
3年生で就職を考えたとき、人と接する営業職に魅力を感じたことや、食べることが好きだったことなどから、内定をいただいた会社に応募しました。
現在、就職は学生有利で「売り手市場」と言われていますが、やはり人気の企業は激戦です。就職部で面接練習をしてもらったところ、「質問に対する答えが長いので簡潔に話せるように」と指摘され、そこを意識して面接に臨みました。質問に対して柔軟に対応できたのがよかったと思っています。

高校生へのメッセージ

流科大はいろいろな人とのつながりが持てる大学です。
やりたいことがあったら、とりあえずやってみてください。自信につながると思います。

上利侑也さん

私たちは夢を実現させました!

夢の種プロジェクトを体験した先輩たちは、どんな夢を見つけ、育て
咲かせたのか、入学時から振り返って紹介します。

資料請求

デジタルブック

資料請求

ページトップ