小数派の意見を部内に伝えた部活動での経験が、就職活動で生きました

小数派の意見を部内に伝えた部活動での経験が、就職活動で生きました

公開日:2019年8月22日

下田那由沙さん

下田 那由沙さん

商学部マーケティング学科4年
兵庫県立神戸商業高等学校出身

ANA関西空港株式会社内定

1年生の「なりたい自分発見カリキュラム」で、卒業生の体験談を聴く機会があり、「1年生のときから何をするべきか考えて」と言われました。この言葉で意識がガラッと変わり、「この4年間は社会人になるための前段階、いろんなことに挑戦しよう」と決意しました。
そこで、「少林寺拳法部」に入部。未経験でしたが、がんばって2年生で黒帯を取り達成感を味わいました。ここで得たことはコミュニケーション力です。男子が多い部の中で、少数派の女子の意見も伝え、理解を求めました。
3年生のとき、就職部から案内していただいた航空会社のインターンシップのポスターを見て応募。そこで、グランドハンドリングという仕事を知りました。グランドハンドリングとは滑走路に着陸した航空機を誘導したり、手荷物を扱ったりする仕事です。圧倒的に男性が多い職場ですが、ここで部活動の経験が生かせると思いました。女性の職場を広げる意味でもやりがいがあると思っています。
書類選考、自己PR動画と2回の面接を経て内定。面接の直前には就職部に毎日通い、面接練習で多くの職員の方にご指導いただきました。とても感謝しています。

高校生へのメッセージ

資格取得サポートや体験プログラムなど、学生の経験値を上げるプログラムが充実しているのがこの大学の良さです。
それらをしっかり利用して、自分の引き出しを増やしてくださいね。

下田那由沙さん

私たちは夢を実現させました!

夢の種プロジェクトを体験した先輩たちは、どんな夢を見つけ、育て
咲かせたのか、入学時から振り返って紹介します。

ページトップ