イベント運営から学んだ、‟楽しさ”と‟課題”と‟裏側”

イベント運営から学んだ、‟楽しさ”と‟課題”と‟裏側”

公開日:2019年11月15日

北須磨ファミリーアドベンチャー

10月26日(土)、【レクリエーション実践演習】を履修する人間健康学科の学生24名が、『北須磨ファミリーアドベンチャー(神戸市立北須磨文化センター主催)』に運営スタッフとして参加しました。

北須磨ファミリーアドベンチャー

恒例となったこのイベントの目的は、家族で自然に触れ、楽しく遊び、秋を満喫してもらうこと。学生たちは、イベントの約1カ月前から目標設定や現地の下見を行うなど、準備を進めてきました。当日は、クローバー探しやしっぽ取りなどを通して、子どもたちに外遊びの魅力や楽しさを体験してもらうなど、約2時間たっぷりと遊びました。

イベント終了後、学生からは「子どもとの触れ合いはすごく楽しかった」「もっと親子で楽しめるものを提供したらよかった」「楽しいイベントの裏側には大変な思いをしている人がいることを知った」などの意見が。この経験を、今後の学生生活での学びにつなげてほしいと思います。

ご参加いただいた皆さま、北須磨文化センタースタッフの皆さま、本当にありがとうございました。

RYUKAの学び・特色 新着記事

RYUKAの学び・特色一覧を見る

ページトップ