実用的で高度な語学力習得を目指す!『第2回GSP修了証書授与式』を実施

実用的で高度な語学力習得を目指す!『第2回GSP修了証書授与式』を実施

公開日:2020年1月24日

第2回GSP修了証書授与式

1月22日(水)、『第2回GSP(Global Studies Program)』修了証書授与式を実施。2期生となる修了生、後輩のGSP受講生、担当教員など約40名が参加しました。

『GSP』は、2015年度より導入された外国語教育のプログラム。英語と中国語の2言語教育と語学研修への参加を通じて、実用的で高度な語学力の徹底習得とグローバル社会に貢献できる人材の育成を目的としています。

山本勝巳准教授

山本勝巳准教授からスティーブ・ジョブズの有名なスピーチを引用したメッセージが学生たちに贈られた後、一人ひとりに修了証書と記念品を授与。最後に、田中敦基さんが修了生代表として挨拶を述べ、式を締めくくりました。

田中敦基さん(商学部4年)

田中敦基さん(商学部4年)

GSPの存在を知ったのは、入学後1回目の英語の授業。もともと「長期留学がしたい」と大学進学を決めたので、その想いに押されるように参加しました。そして昨年、10カ月間のニュージーランド留学を実現。学んできた英語と中国語を活用して交流を深めることができました。
今春から九州の空港で働くことが決まっていて、お客さまは中国や韓国の方が多いと聞いています。GSPで『言語を学ぶことの楽しさ』を学んだので、英語・中国語を継続的に学びながら、新たに韓国語の習得にも挑戦していきたいと思います。
GSPはまだ新しい制度。今後もっと充実してくると思うので、皆さんもこの制度を十分に活用して、自分の夢を叶えられるよう頑張ってください。

その後は参加者全員で軽食をとりながらの歓談タイム。後輩からの質問を受けたり、お世話になった教員の方々と語り合ったりと、笑顔溢れる楽しい時間を過ごした修了生たち。プログラムを通して学んだこと、身につけたことを、これからは仕事や社会で活かし、さらなる自己実現に邁進してほしいと思います。

第2回GSP修了証書授与式

第2回GSP修了証書授与式

国際交流 新着記事

国際交流一覧を見る

ページトップ