コロナ禍で変化の過渡期にある今。留学生たちの日本での就職活動をサポート!

コロナ禍で変化の過渡期にある今。留学生たちの日本での就職活動をサポート!

公開日:2021年11月29日

留学生就職ガイダンス

約750名の留学生が学んでいる本学。日本での就職を希望する留学生のために、就職部ではさまざまなプログラムやイベントを用意し、就職活動をサポートしています。

10月から実施している『留学生就職ガイダンス』の2クール目が、11月19日(金)からスタート。日本での就職を考える、中国やベトナム、ネパールなどからの留学生約20名が参加しました。

留学生

冒頭、就職部の職員から今後の就職支援イベントについて紹介。日本での就職活動を成功させるためには、これらのイベントにも積極的に参加し、今から準備に取り掛かることが大事、とアドバイスしました。

その後、留学生の就職支援などを行っているユニ・ダイバース合同会社代表の香川愁吾氏に、『日本の就職活動』をテーマにお話しいただきました。香川氏から、外国人留学生が日本で就職するメリットについての話があり、その後、2010年以降右肩上がりの状況が続いてきた留学生の日本での就職状況とその理由、一方で新型コロナウイルスによる変化について触れながら、ウィズコロナの社会や経済、雇用について説明がありました。

就職活動

就職支援

そうした現状だからこそ、「早めに就職活動をはじめることが大事」。そのために、“今からやるべきこと”について、ひとつずつ具体的に解説する香川氏の言葉に、参加した留学生たちは真剣に耳を傾けていました。

『留学生就職ガイダンス』は、12月17日(金)まで毎週金曜日に実施。履歴書やエントリーシート、メールの書き方や自己PRの作り方、ビジネスマナーなど、毎回テーマを決めて学んでいきます。年明けからは、1月に面接対策講座を2回、2月には留学生採用企業による企業説明会を実施。3月にスムーズに就職活動をスタートできるよう、引き続きサポートしていきます。

就職関連 新着記事

就職関連一覧を見る

資料請求

大学案内

ページトップ