観光客の滞在時間が増える施策を。兵庫県加東市との社会共創プログラムが始動!

観光客の滞在時間が増える施策を。兵庫県加東市との社会共創プログラムが始動!

公開日:2022年5月5日

兵庫県加東市との社会共創プログラム

本学では、企業だけでなく、さまざまな地域・自治体との社会共創プログラムにも取り組んでいます。

今年度は、新たに兵庫県加東市との連携企画が始動。4月19日(火)には、加東市の担当者が本学を訪れ、加東市の概要、名物・観光スポット、まちの魅力、現在行っている取り組みなどを紹介。併せて、「“観光”を通じた地域産業の活性化施策を考えてほしい」と、今回の趣旨について説明を行われました。

説明会の様子

説明会に参加する学生

この日は、30名以上の学生が参加。今後は加東市でのフィールドワークを経て、各グループでテーマを決定。8月の中間プレゼン、10月の最終プレゼンに向け、加東市を訪れた観光客をより長く市内に滞在させる施策を考えていきます。

※この企画には、関西国際大学も参加。中間・最終プレゼンは2大学合同実施を予定しています。

本学には、幅広い業界の企業や地域・自治体と連携し、それぞれが抱える課題解決に学生たちが取り組む『社会共創プログラム』が多数あります。学生自身が、仲間と協力しながら調査・企画・提案から商品化・実用化までを行い、問題解決力を身につけていきます。

地域活性 新着記事

地域活性一覧を見る

資料請求

大学案内

ページトップ