島田 奈美   シマダ ナミ

島田 奈美   シマダ ナミ

URL

役職

所属(学部・学科等)

  • 商学部 経営学科

資格

  • 准教授 

学位

  • 博士(商学)

最終学歴

  • 関西大学大学院商学研究科博士課程後期課程修了

担当科目

  • 会計学入門
  • 基礎簿記
  • 商業簿記Ⅰ
  • 商業簿記Ⅱ
  • 簿記原理
  • 連結財務諸表論
  • 研究演習Ⅰ
  • 研究演習Ⅱ
  • 卒業研究

専門分野

  • 財務会計

所属学会

  • 日本会計研究学会
  • 国際会計研究学会
  • 日本経営分析学会

現在の研究テーマ

  • のれん会計
  • 会計政策

委員会(学内)など

  • 図書館紀要委員
  • 教育プログラムワーキンググループ  簿記会計関連プログラムタスク参加
  • 経営学科会計コースリーダー
  • カリキュラム編成メンバー
  • 教職課程専門部会メンバー

助成を受けた研究

研究テーマ Goodwill Impairment Disclosure Quality: Adoption of IFRS by Japanese Companies
助成者 流通科学大学 (研究代表)
期間 2016年10月
金額 9万円

研究テーマ 我が国ののれんの減損処理の開示実態と会計基準の遵守の程度と範囲について
助成者 科学研究費 (研究代表)
期間 2013年4月~2014年3月
金額 90万円

研究テーマ SIRMs Fuzzy Approximate Reasoning Using L-R Fuzzy Number as Premise Valuable
助成者 流通科学大学 (研究代表)
期間 2013年
金額 33万円

研究業績

項目 学会発表
発行年月 2018年2月
テーマ Effects of role conflict and organizational commitment on turnover intentions
単独/共同 共同(Toshimichi Homma, Nami Shimada)
大会名 International Conference on Human Capital & Knowledge Management (IC18Thailand Conference)
会場 Bangkok, Thailand

項目 学術論文
発行年月 2017年7月
タイトル アクティブ・ラーニングにおける大学図書館の役割―ラーニング・コモンズにおける教職員協働の重要性―
単共著 共著(森藤ちひろ、島田奈美)
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集―流通・経営編、第30巻第1号
ページ 133-157

項目 学術論文
発行年月 2016年12月
タイトル Goodwill Impairment Disclosure Quality: Adoption of IFRS by Japanese Companies
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 International Journal of Humanities and Management Sciences (IJHMS), Nami Shimada
ページ 443-447

項目 学術論文
発行年月 2016年10月
タイトル Goodwill Impairment Disclosure Quality: Adoption of IFRS by Japanese Companies
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 4th International Conference on Disciplines in Humanities and Social Sciences (DHSS-2016) and International Conference on Economics, Business. Management and Corporate Social Responsibility (EBMCSR-2016), Oct4-5,2016 Bali (Indonesia),proceedings,Nami Shimada
ページ 71-78

項目 学会発表
発行年月 2016年10月
テーマ Goodwill Impairment Disclosure Quality: Adoption of IFRS by Japanese Companies
単独/共同 単独
大会名 4th International Conference on Disciplines in Humanities and Social Sciences (DHSS-2016) and International Conference on Economics, Business. Management and Corporate Social Responsibility (EBMCSR-2016), Oct4-5,2016 Bali (Indonesia),Nami Shimada
会場  

項目 学術論文
発行年月 2016年6月
タイトル Approximate Reasoning Using LR Fuzzy Number as Input for Sensorless Fuzzy Control
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 7th IEEE Symposium on Sensorless Control for Electric Drives (SLED) Denarau, Nadi, Fiji 2016. proceedings,
Takashi Mitsuishi,Takanori Terashima,Nami Shimada,Toshimichi Homma,Yasunari Shidama
ページ 12-16

項目 学術論文
発行年月 2015年10月
タイトル Analysis of the impact of goodwill impairment information on corporate value
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 IISES, 20th International Academic Conference, Proceedings, Nami Shimada, Toshimichi Homma
ページ 461-479

項目 学会発表
発行年月 2015年10月
テーマ Analysis of the impact of goodwill impairment information on corporate value
単独/共同 共同
大会名 IISES, 20th International Academic Conference
会場 Ayre Grand Hotel Colón, Madrid, Spain.

項目  教科書
発行年月 2015年9月20日
タイトル 簿記システムの基礎【2級商業簿記編】
単共著 共著
発行所・発表雑誌等  関西大学会計研究室編,国元書房
ページ  133-146

項目 学術論文
発行年月 2015年7月
タイトル  Continuity of Approximate Reasoning Using Fuzzy Number under Łukasiewicz t-norm
単共著 共著
発行所・発表雑誌等  2015 IEEE 7th International Conference on Cybernetics and Intelligent Systems (CIS) and Robotics, Automation and Mechatronics(RAM), Poceedings,Takashi Mitsuishi, Nami Shimada, Toshimichi Homma, Masayuki Kochizawa and Yasunari Shidama
ページ  71-74

項目 学会発表
発行年月 2015年7月
テーマ  Continuity of Approximate Reasoning Using Fuzzy Number under Łukasiewicz t-norm
単独/共同 共同
大会名  2015 IEEE 7th International Conference on Cybernetics and Intelligent Systems (CIS) and Robotics, Automation and Mechatronics(RAM)
会場  Angkor Wat, Cambodia

項目 学術論文
発行年月  2015年7月
タイトル  のれんの減損会計基準の適用実態-開示情報に基づく調査-
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学学術研究会,流通科学大学論集-流通・経営編,第28巻第1号
ページ  41-62

項目 学術論文
発行年月 2014年11月
タイトル Continuity of Discrete-Time Fuzzy Systems
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 Neural Information Processing 21st International Conference, ICONIP 2014, Kuching, Malaysia, November 3-6, 2014. Proceedings, Part II
Takashi Mitsuishi, Takanori Terashima, Koji Saigusa, Nami Shimada, Toshimichi Homma, Kiyoshi Sawada, Yasunari Shidama
ページ pp.462-469

項目 学会発表
発表年月 2014年11月
テーマ Continuity of Discrete-Time Fuzzy Systems
単独/共同 共著
大会名 The 21st International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2014)
会場 Kuching, Sarawak, Malaysia

項目 リサーチレター
発行年月 2014年3月
タイトル 減損手続きにおける資産のグルーピングについての考察
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学リサーチレター No.20
ページ 1-16

項目 学術論文
発行年月 2013年7月
タイトル ファジイ数を用いたSIRMsファジイ推論法
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 電子情報通信学会、信学技報、CS2013-11
ページ 21-24

項目 学術論文
発行年月 2013年6月
タイトル SIRMs Fuzzy Approximate Reasoning Using L-R Fuzzy Number as Premise Valuable
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 Proc. of the 2013 8th International Conference on System of Systems Engineering
ページ 25-27

項目 学会発表
発表年月 2013年6月
テーマ SIRMs Fuzzy Approximate Reasoning Using L-R Fuzzy Number as Premise Valuable
単独/共同 共同(代表)
大会名 The 2013 8th International Conference on System of Systems Engineering, Maui, Hawaii, USA
会場 Maui, Hawaii, USA

項目 学術論文
発行年月 2013.1
タイトル のれんの減損処理における定性的評価について
単共著 単著 
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集-経済・情報・政策編 第21巻第2号
ページ 55-72

項目 学術論文
発行年月 2012.12
タイトル Continuity of Defuzzificaton on L2 Space for Optimization of Fuzzy Control
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 8th International Conference, AMT 2012 Macau, China, December 4-7, 2012  Proceeding
ページ 73-81

項目 学会発表
発表年月 2012.10
テーマ のれんの減損処理における定性的テストの導入について
単独/共同 単独
大会名 第77回千里山会計学研究会
会場 関西大学

項目 学術論文
発行年月 2012.3
タイトル 限界積および限界和を用いたSIRMsファジィ推論法
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 電子情報通信学会 信学技報 Vol.111, No.470   三石貴志・島田奈美・本間利通
ページ 159-164

項目 学会発表
発表年月 2012.3
テーマ 限界積および限界和を用いたSIRMsファジィ推論法
単独/共同 共同
大会名 電子情報通信学会
会場 名桜大学

項目 著書
発行年月 2011.10
タイトル 基礎簿記のエッセンス
単共著 共著 (木村敏夫・来栖正利・齊野純子・井上定子・島田奈美・孫ミレイ)
発行所・発表雑誌等 中央経済社
ページ 第7章、第11章、第12章担当

項目 学術論文
発行年月 2011.3
タイトル のれん減損情報に対する証券市場の反応
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 現代社会と会計 第5号(関西大学大学院会計研究科)
ページ 37-49 

項目 学術論文
発行年月 2011.1
タイトル 会計の政治化とのれん会計
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集-経済・経営情報編第19巻第2号
ページ 109-119

項目 教科書
発行年月 2010.10
タイトル 簿記システムの基礎 改訂版 (2級商業簿記編)
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 国元書房 関西大学会計学研究室編 共著者(太田浩司、北山弘樹、及川勝美、笹倉惇史、明神信夫、宮本京子、乙政正太、首藤昭信、竿田嗣夫、荒鹿善之)
ページ 139-152

項目 学術論文
発行年月 2010.7
タイトル 会計政策の経済的影響
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集-経済・経営情報編第19巻第1号
ページ 129-140

項目 学術論文
発行年月 2010.3
タイトル のれんの減損情報の有用性
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 年報経営分析研究(第26号)
ページ  

項目 学会発表
発表年月 2009.10
タイトル のれんの減損情報の有用性
単独/共同 単独
大会名 日本経営分析学会第25回秋季大会
会場 愛知学院大学 

ページトップ