プロスポーツチームの課題解決に挑戦! 『西宮ストークス集客増プロジェクト』

プロスポーツチームの課題解決に挑戦! 『西宮ストークス集客増プロジェクト』

公開日:2022年7月26日

『西宮ストークス集客増プロジェクト』の企画説明会

6月23日(木)、『西宮ストークス集客増プロジェクト』の企画説明会が学内で行われました。

現在、本学では行政やさまざまな業界の企業との共創プロジェクトが進行中ですが、今年はさらに“プロスポーツ”とも連携。男子プロバスケットボールチーム・西宮ストークスの運営会社から、人間社会学部観光学科・西村典芳教授を通して大学に依頼があり、実現したプロジェクトになります。

西宮ストークス公式紹介画像

西宮ストークスが所属する【B LEAGUE(※1)】では、2026年に新リーグが開幕。従来の競技成績による昇降格を廃止し、ライセンス基準を満たしたクラブがその都度参入する“エクスパンション型”へ移行することで、リーグの構造改革を図る目的があります。

※1)2016年9月に開幕した日本の男子プロバスケットボールリーグの通称

新リーグ参入には『入場者数』『売上高』『会場』など、さまざまな基準があります。参入審査が行われるのは2024年ですが、『入場者数』については“2期連続”での数となっているため、実質猶予はあと1年。アフターコロナに向けた集客に苦戦しているという西宮ストークスの現状も踏まえ、学生たちはここからより現実的かつ効果的な『集客増』のための提案を考えていくことになります。

説明会の様子

説明を聞く学生たち

この日、株式会社ストークス(西宮ストークスの運営会社)代表取締役の北村正輝氏自らが本学を訪れ、チームや新リーグへの思い、自分たちのミッションや今後のビジョン、そして今回のプロジェクトに懸ける熱い思いを、自身の言葉で学生たちに伝えました。

その言葉に真剣に耳を傾けていた参加学生たち。試合を観にきてもらうきっかけ作り、実際に会場を訪れてくれたお客さまの満足度の向上、そしてリピートへ。加えて、西宮ストークスが継続的に行っている社会活動やイベントの企画・立案と、限られた時間のなかで多面的に取り組んでいく予定です。

西宮ストークス公式サイト→https://www.storks.jp/

本学には、幅広い業界の企業や地域・自治体と連携し、それぞれが抱える課題解決に学生たちが取り組む『社会共創プログラム』が多数あります。学生自身が、仲間と協力しながら調査・企画・提案から商品化・実用化までを行い、問題解決力を身につけていきます。

社会連携 新着記事

社会連携一覧を見る

資料請求

大学案内

ページトップ