学生が考えた“ウェディングケーキ”のデザインを、プロのパティシエが再現!

学生が考えた“ウェディングケーキ”のデザインを、プロのパティシエが再現!

公開日:2022年8月2日

ウェディングケーキコンテスト

オープンキャンパス2日目となった7月17日(日)。RYUKA DININGで『ケーキコンテスト』を開催しました。

当コンテストは、人間社会学部観光学科ホテル・ブライダルコースの授業『ブライダル事業論』の一環として行われているもの。授業を受けている学生たちが、企画・立案から告知、当日の司会・進行・音響まですべてを行います。

さらに、全員がウェディングケーキのデザインを考案。優勝作品は、神戸市垂水区に本店がある洋菓子店 レーブ・ドゥ・シェフのパティシエの手によって実際にケーキとして再現され、会場でお披露目されます。

ブライダル事業論

ホテル・ブライダルコース

この日はオープンキャンパスということもあり、約70名の高校生・保護者の方々がご来場くださり、用意していた席はすぐに満席に。皆さまには、窓際に貼りだされた学生たちの全デザインから一番気に入ったものを選んで投票してもらい、開始までの時間を過ごしていただきました。

そして、いよいよコンテストがスタート。まず最初に、レーブ・ドゥ・シェフのオーナーパティシエである佐野靖夫氏より、学生たちのデザインへの講評をいただき、続いて優勝作品の発表を行いました。優勝したのは、大垣百叶さん(人間社会学部観光学科2年)。

ウェディングケーキ

レーブ・ドゥ・シェフ

驚いた表情でステージにあがった大垣さんは、「まさか選ばれると思っていなかったのでうれしい」と喜びを語りました。すると、後ろのパーテーションが開き、同店のパティシエ・村上佳嗣氏がデザイン通りに制作してくださったケーキが登場! 会場のあちこちから、「かわいい!」「すごい!」といった感嘆の声とともに、スマホのシャッター音が聞こえていました。

パティシエ

参加者投票

記念品

続いて、準優勝、3位、特別賞、そして当日の参加者投票1位を発表。それぞれに佐野氏より記念品が贈呈されました。ちなみに、当日の参加者投票で1位に選ばれたのは、特別賞を受賞した留学生。W受賞に驚きを隠せないようでした。

数か月にわたり準備を重ね、この日を迎えた学生たち。ケーキコンテストを無事に終えられたことに安堵するとともに、ひとつのイベントを企画・運営する大変さを改めて感じていました。

受賞者

優勝 大垣百叶さん(人間社会学部観光学科2年)
準優勝 田中一樹さん(人間社会学部人間健康学科2年)
3位 大島直輝さん(人間社会学部人間健康学科4年)
特別賞 大島直輝さん(人間社会学部人間健康学科4年)
張 原さん(人間社会学部観光学科3年)※参加者投票1位
優勝 大垣百叶さん(人間社会学部観光学科2年)
準優勝 田中一樹さん(人間社会学部人間健康学科2年)
3位 大島直輝さん(人間社会学部人間健康学科4年)
特別賞 大島直輝さん(人間社会学部人間健康学科4年)
張 原さん(人間社会学部観光学科3年)※参加者投票1位

RYUKAの学び・特色 新着記事

RYUKAの学び・特色一覧を見る

資料請求

大学案内

ページトップ