後期の『就活ミニ講座』で考える。どの業界で、誰を相手に、どんな仕事をしたいのか

後期の『就活ミニ講座』で考える。どの業界で、誰を相手に、どんな仕事をしたいのか

公開日:2022年11月8日

就活ミニ講座

本格的な就職活動開始まで半年を切り、より具体的な準備や対策に取り組む3年生が増えてくるこの時期。
本学では、『就活ミニ講座』を開講し、学生たちをサポートしています。

3年生の5月から月に1回のペースで実施している【就職ガイダンス】の内容を、より深く学びたいという学生に開講している『就活ミニ講座』。ナビサイトの見方、自己分析や自己 PR作成のポイント、就活マナーなどをテーマに行った前期に続き、後期は「業界・企業研究」「職種研究」についてミニ講義を実施しています。

10月24日(月) 第1回  テーマ:『なぜ業界・企業研究が大切なのか』

講師:株式会社学情

就活ミニ講座 業界研究

『業界研究』と一口に言ってもイメージを持つことは難しいので、「誰に・何を・どのような形で」提供するのか、紐解いていくことが大切です。身近な例として、チョコレートが消費者に届くまでの過程や、「株式会社学情」のビジネスモデルを切り口として、ご説明いただきました。

学生たち

サービスを提供する対象が企業なのか、個人なのか。対象が変われば、働き方、提案するモノ、提案方法がどのように変わるのか。学生が働くことについて『具体的に』考えるきっかけを、今回のセミナーでは学ぶことができました。

次回は、11月21日(月)。『職種研究』について学び、具体的に働くイメージを掴んでいきます。

前期の『就活ミニ講座』の様子

https://www.umds.ac.jp/220713/

就職関連 新着記事

就職関連一覧を見る

資料請求

デジタルブック

資料請求

ページトップ