「警察官を選択肢のひとつに」。兵庫県警本部長が公務員志望の学生に特別講義

「警察官を選択肢のひとつに」。兵庫県警本部長が公務員志望の学生に特別講義

公開日:2022年12月13日

公務員特別演習

11月29日(火)、『公務員特別演習』の一環として兵庫県警本部長による特別講義を行いました。

『公務員特別演習』は、【公務員試験対策プログラム】のなかの『国家公務員・地方上級コース』を選択する学生たちを対象に開講している科目。授業のなかで、現職の自治体職員が実際に担当している仕事などについての講義を行う回があります。

メモを取る学生

この日の講師は、兵庫県警本部長・桐原弘毅氏。約70人の学生に向けて、『最近の治安情勢と警察の仕事』をテーマに講義を行いました。県内の治安情勢をはじめ、警察の仕事について詳しく説明。事件の捜査や取り締まりだけでなく、被害者の支援など、幅広い役割があるからこその“やりがい”や“魅力”について話し、「警察官を、将来就職の選択肢のひとつにしてほしい」と、学生たちに伝えました。

質問する学生

質疑応答

講義後には、学生たちから相次いで質問が。兵庫県警本部長から直接お話を聞ける機会はそうはありません。この場にいた学生たちにとって、この日の講義はとても貴重な時間となりました。

  1. この日の様子は、翌30日(水)付の神戸新聞にて紹介されました。

\りゅうか大なら、公務員試験対策もばっちり!!/

\りゅうか大なら、公務員試験対策もばっちり!!/

RYUKAの学び・特色 新着記事

RYUKAの学び・特色一覧を見る

資料請求

デジタルブック

資料請求

ページトップ