今年度も、長坂ゼミが空き家をリノベーションしたシェアカフェで飲食店経営

今年度も、長坂ゼミが空き家をリノベーションしたシェアカフェで飲食店経営

公開日:2024年2月5日

シェアカフェで飲食店経営

昨年度、平野商店街(神戸市兵庫区)の空き店舗を利用した飲食店経営にチャレンジした、商学部マーケティング学科・長坂泰之教授のゼミ。

今年度も、継続して【シェアカフェ KIKKAKE PLACE】 での飲食店経営に取り組みます。

11月7日(火) KIKKAKE PLACE訪問

KIKKAKE PLACE

11月7日(火)には、2年生のゼミ生15名がKIKKAKE PLACEを訪問。施設内の見学および出店計画をプレゼンテーションしました。ゼミ生たちはそれぞれ2つ、合計30のプランを考え、メニューや収支計画などの出店計画を作成。この日、1人ずつ自分のプランについてプレゼンし、光山さんからコメントやアドバイスをもらいました。

プレゼンする学生

プランの絞り込み

ここから、ゼミ生たちは3つのプランに絞り込んでいきます。そして来春、3チームに分かれて、実際に飲食店経営を行う予定です。

『商業まちづくり:商業者経営(個)とまちづくり(集積)』を研究テーマに、社会の現場を五感で感じながら意欲的に活動を行っている長坂ゼミ。昨年、空き家の活用事業に携わる卒業生の光山和弥さん(商学部 2018年卒)からの打診を受け、ゼミに所属する2年生・3年生が、光山さんが運営する【シェアカフェ KIKKAKE PLACE】で飲食店経営に初挑戦しました。

1月27日(土) 3つのプランが決定し、提供するメニューを「試作」

試作会の様子

現在、3チームに分かれてカフェ店経営にチャレンジしている長坂ゼミの2年生15名。1月27日(土)には、試作会を行いました。

昨年11月のKIKKAKE PLACEでのプレゼン後、ディスカッションを重ね、3つのプランでの出店が決定。今回、学生たちはクレープ、ワッフル、ベトナム料理の3メニューを提供することに。

クレープチーム

そこでこの日、チームごとにメニューの試作を行いました。具材の乗せ方から最後の仕上げまで、一つひとつの工程を撮影していたクレープチーム。

ワッフルチームは、お皿やワッフルに添える素材を変えながら、盛り付けに試行錯誤。ベトナム料理チームは、バインミー(ベトナムのサンドイッチ)やキムパ(ベトナムの海苔巻き)、ベトナムのスイーツなど5品を試作しました。

ワッフルの生地

試作のワッフル

ベトナム料理

ベトナム料理の試作

どのチームも、試作をしては写真を撮影したり、自分たちで食べて味を確認したり。なかには利益計算が合わずメニューを変更するチームも。また、試作会に訪れた光山さんは、ゼミ生たちに「接客と料理の振り分け」「調理時間」「集客・告知方法」などについて質問。一方、ゼミ生からも「どれくらいの人が来てくれるのか?」「お釣りはどれくらい用意すればよいのか?」など、光山さんにさまざまな質問をしていました。

試食の様子

写真の確認

ここから出店までの間、今回の試作を通して見えた課題をひとつずつクリアしながら、集客・告知を行っていきます。そして、2月11日(日)にクレープチーム、3月23日(土)にベトナム料理チーム、翌24日(日)にワッフルチームが、【KIKKAKE PLACE】でのカフェ経営に臨みます。

地域活性 新着記事

地域活性一覧を見る

資料請求

デジタルブック

ネット出願

ページトップ