観光学科

観光学科

最終更新日:2022年4月1日

公開日:2022年3月24日

誰もが笑顔になれるホスピタリティを学ぶ

観光学科

観光関連産業で活躍する人材を育てます。
旅行会社、交通機関、ホテル、ブライダルなどのビジネスモデルやサービスのマネジメントについて知識を深め、オペレーションの実務能力を磨きます。さらに、観光関連産業にとって大切なホスピタリティとは何かを学び、高いホスピタリティを発揮できる人材や観光地マネジメントによる地域活性化に貢献できる人材を育成します。

観光学科

観光学科で伸ばす3つの力

社会や地域の問題を多様な視点で分析する力

楽しませることを
理論的に考え、分析する力

経済的なアプローチで課題を解決する力

地域や顧客を笑顔に
するための情報収集能力
と企画力

問題や課題を創造的な活動へと転換する力

新しい価値や楽しさを
生み出す創造力

ホスピタリティで、人も、地域も、笑顔にできる人材を育成します。

観光学科の2つのコース

観光事業コース

どうすれば、感動とホスピタリティあふれる旅を提供できるか。

日本の魅力を再発見し、発信する観光ビジネスは、成長が見込まれる産業としてますます多くの期待を集めています。

本コースでは、観光ビジネスを創造的に進化させるために、マーケティング力や経営力を発揮することができる人材を育成します。

ホテル・ブライダルコース

どうすれば、一生の思い出に残る記念日のお手伝いができるか。

ホテルやブライダルは、特別な時間と場所を提供するとともに、私たちの日常生活に根差した産業でもあります。

マネジメント力や企画力だけでなく、人や暮らしへの深い理解と時代に合ったホスピタリティや創造力を持つことができる人材を育成します。

目指せる免許・資格

  1. 社会調査士
  2. 旅行業務取扱管理者※(2コース共通)
  3. アソシエイト ブライダル コーディネーター(ホテル・ブライダルコースのみ)

※学内開講の資格講座を受けることで、目指すことができます。

学内開講の資格講座について詳しく見る

目指せる進路

  1. ブライダル業
  2. 旅行業
  3. 宿泊業
  4. 運輸業(空港グランドスタッフ、鉄道など)
  5. 観光開発業
    (テーマパーク、レジャーランド、観光地経営など)
  6. 公務員(観光、まちづくりなど)  など

公務員試験対策プログラム

1年生後期から4年生前期までの手厚いサポートで、公務員試験に向けた基礎知識や資質、技能の習得ができ、単位取得にもつながります。

詳しく見る

業界研究(官公庁)

市役所の実務担当者や市長などが仕事内容や将来の課題・展望などについて講義します。
※主な対象:警察・消防・市役所・県庁

講義の様子

キャリアアップセミナー

スペシャリスト育成を目的とした、流科大独自のプログラムです。

ホテルやブライダル業界の第一線で活躍するビジネスパーソンを講師に迎え、業界のリアルな現状や基礎知識を短期集中で習得。目指す業界への理解を深め、将来へのネットワークを築きます。

ブライダルは、実際にカップルを公募し、キャンパスで「本物の結婚式」を行う実践的なプログラム。学生が主体的に、経験をとおして学ぶことができます。

詳しく見る

  観光事業コース ホテル・ブライダルコース
1年生 全学共通科目 流通科学入門/自己発見とキャリア開発A・B など
1~3年生 学部専門
基礎科目
社会学基礎/社会調査の基礎/家族社会学/地域社会学/産業社会学/
観光文化論/スポーツ文化論
学科専門基幹 観光学原論 観光学原論
観光事業論 ホスピタリティ・マネジメント論
ホスピタリティ・マネジメント論 観光マーケティング論
観光マーケティング論 など サービス・マーケティング など
学科専門展開 観光地理学 ホテル事業経営論
観光政策論 ホスピタリティ英語
観光コミュニケーションA リゾート論
ホテル事業経営論 イベントプロデュース論
イベントプロデュース論 ホテル事業計画論
国際観光事業論 旅行事業経営論
観光施設計画論 ホスピタリティ実践論
旅行業と法 ブライダルコーディネーション論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
航空事業経営論 ブライダル事業論
地域ブランド論 など 旅館事業経営論 など
特別研究 専門基礎演習/研究演習Ⅰ・Ⅱ/海外ホスピタリティ研修 など
4年生 卒業研究 卒業研究

※各科目の詳細はWebシラバスでご確認ください。 シラバス(学部)

各専門分野の視点で、観光学科教員が解説! 『観光』を学ぶ意味とおもしろさ

新たな観光産業の未来を作るために・・

観光学科で学べること(石橋先生)

【観光学科で学べること(石橋先生)】

ゼミ活動・社会共創活動について(山川先生)

【ゼミ活動・社会共創活動について(山川先生)】

Pick up News

資料請求

大学案内

ページトップ