後藤 こず恵   ゴトウ コズエ

後藤 こず恵   ゴトウ コズエ

URL

役職

所属(学部・学科等)

  • 商学部 マーケティング学科

資格

  • 准教授

学位

  • 博士(商学)

最終学歴

  • 関西大学大学院商学研究科博士課程後期課程

担当科目

  • マーケティング・データ分析
  • マーケティング・リサーチ
  • ブランド・マネジメント論
  • マーケティング・ケーススタディ
  • 流通科学入門
  • 流通概論
  • 研究演習Ⅰ
  • 研究演習Ⅱ
  • 卒業研究
  • 論文指導(大学院)
  • マーケティング原理特論(大学院)

専門分野

  • マーケティング論
  • マーケティングリサーチ
  • ブランド戦略

所属学会

  • 日本商業学会
  • 日本マーケティング学会
  • 日本流通学会
  • 日本消費者行動研究学会
  • 日本広告学会(関西部会評議員、関西部会運営委員)

現在の研究テーマ

  • ブランド・アイデンティティにおける聴覚的要素、記憶と音楽の関係について検討する。

学外での活動

公的機関等の委員

  • 公益財団法人ひょうご産業活性化センター、ひょうご農商工連携ファンド事業審査委員

その他

  • <報道協力>
    • 明石商業校生が提案 地元産「ノリの粉末」使い新商品(神戸新聞 2016年7月9日)
    • 明石ノリでランチ考案 流通科学大学生と明石商校生 学園祭で販売(神戸新聞 2016年10月22日)
    • はい、広報です!「マーケティング マンガで学んで」(毎日新聞 2016年9月27日)
  • <産官学連携事業>
    • 経済産業省 平成28年度産学連携サービス経営人材育成事業「観光地経営を担う日本版DMOの人材育成プログラム事業(近畿大学)」における人材育成の教材として、マーケティング分析演習の講義資料(1科目 15 コマの講義)を作成した(羽藤先生と共同)。対象者は観光行政に携わる者、地域の観光振興を担う者(観光協会の職員等)、地域の観光業に携わる者である。
  • <学外教育活動>
    • 有朋会 第4回大阪支部セミナー 講師 「企業の社会的責任」(2017年5月24日)
    • 日本マーケティング協会 関西マーケティングベーシックコース講師 マーケティングデザイン演習担当

~2015年度

  • 明石市役所、買い物不便地解消移動販売実験協同プロジェクト実行委員会アドバイザー(2015年度)
  • 朝日新聞「教育2016 兵庫」大学とタッグ、商品開発 明石商業高校」2016年2月23日
  • 神戸新聞「明石焼「Bー1」悲願のグランプリへ 今年は青森で開催」2015年10月3日
  • 神戸新聞「限定商品でプレミア感演出 食品メーカーで差別化戦略拡大」2015年9月20日
  • 神戸新聞「明石焼の新商品「みたらし風とタコス味」明石商高と流科大がコラボ」2015年8月1日
  • 神戸新聞「買い物弱者を支援 NPOが移動販売試行へ 明石市」2015年7月7日
  • コミスタ神戸「老眼大学」において講演「プライベートブランドのひみつーコンビニ120%活用法ー」(2015年2月6日(金)於:神戸市文化ホール
  • 日本広告学会第4回関西部会研究会院生セッション コメンテーター(2014年6月21日(土)於:関西大学千里山キャンパス)
  • 日本広告学会関西部会評議員

委員会(学内)など

  • 進路支援委員
  • 社会連携推進委員
  • 授業改革ワーキンググループ
  • マーケティング漫画制作委員会
  • 大学戦略検討チーム
  • ビジネス教育研究会

助成を受けた研究

研究テーマ 神戸にさんがろくPROJECT(4チーム)
助成者 神戸市(代表)
期間 2017年7月~2018年3月
金額 3万円

研究テーマ 神戸にさんがろくPROJECT(4チーム)
助成者 神戸市(受託研究・代表)
期間 2016年6月~2017年2月
金額 10万2千858円

研究テーマ クロスメディア環境下の消費者によるブランドおよびチャネル選択行動に関する国際比較
助成者 科学研究費(分担)
期間 2011~2013年度
金額 25万円

研究テーマ クロスメディアによるブランド・コミュニケーション戦略に関する日英米び国際比較
助成者 科学研究費(分担)
期間 2007~2009年度
金額 559万円

研究テーマ FSPデータ活用プロジェクト
助成者 コカコーラ ウエスト株式会社(受託研究・分担)
期間 2009年4月~10月
金額 20万円

研究テーマ チャネル選択の多様化による消費者の食嗜好行動の変化-共分散構造分析によるモデル化-
助成者 浦上食品・食文化振興財団(受託研究・分担)
期間 2009年10月~2010年9月
金額 270万円

研究テーマ 小売店舗内外におけるブランド・コミュニケーションミックスと広告効果モデルの研究
助成者 吉田秀雄記念事業財団
期間 2006年4月~2007年2月
金額 207万円

研究テーマ ブランド・パーソナリティの製品カテゴリー間比較
助成者 日本広告学会 関西部会
期間 2005年12月~2006年12月
金額 10万円

研究業績

項目 著書(教科書)
発行年月 2017年6月
タイトル よくわかる現代マーケティング
単共著 共編著
発行所・発表雑誌等 ミネルヴァ書房
ページ 7章(86-97)

項目 著書(教科書  分担執筆)
発行年月 2016年9月
タイトル 1からのマーケティングデザイン
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 碩学舎
ページ 141-152

項目 学術論文
発行年月 2016年7月
タイトル 高大連携事業における商品開発の取り組み ― 明石商業高等学校の実践を通して ―
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集—流通・経営編(第29 巻第1号) PDFファイル 
ページ 177-191

項目 研究ノート
発行年月 2016年3月
タイトル マーケティング人材育成プログラムの教育効果
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学 高等教育推進センター紀要第1号 PDFファイル
ページ

項目 教科書(分担執筆)
発行年月 2015年11月
タイトル 「広告コミュニケーション研究ハンドブック」(担当:第15章)
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 有斐閣
ページ 285-301

項目 リサーチノート
発行年月 2015年3月
タイトル 「のぞいてみよう流通の世界—バーモントカレーと金の食パン−」
単共著 単独
発行所・発表雑誌等 流通科学大学リサーチノート  PDFファイル
ページ

項目 学会発表
発表年月 2014年9月9日
テーマ 「SNS連動型インターネット通販とブランド:WEARの事例を手がかりに」
単独/共同 共同
大会名 日本広告学会第6回関西部会研究会
会場 流通科学大学・大阪オフィス

項目 学術論文
発行年月 2014年6月
タイトル 「震災とブランド・コミュニティ : 生協利用者の意識について」
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 大阪産業大学経営論集、第15巻、第2・3合併号
ページ 239-261

項目 学術論文
発行年月 2013年1月
タイトル ブランド・パーソナリティとリスク ―リスク管理者への信頼に関する考察―
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集―流通・経営編―(第25巻、第2号)
ページ 63-78

項目 学会発表
発表年月 2012年6月16日
テーマ 震災とブランド・コミュニティ―生協利用者の意識について―
単独/共同 共同
大会名 日本商業学会 関西支部例会
会場 大阪市立大学文化交流センター 

項目 学術論文
発行年月 2011年7月
タイトル 利用業態と非計画購買に関する英米比較-紙おむつの購買に関する調査より
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集 流通・経営編(第24巻第1号)
ページ 153-165

項目 学術論文
発行年月 2011年1月
タイトル 購買時点におけるブランド・コミュニケーション
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 流通科学大学論集―流通・経営編(第23巻第2号)
ページ 25-35

項目 ワークショップ
発行年月 2010年11月
タイトル A Life Style Approach to the Point of Purchase Situation
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 The Asian Retailing and Distribution Workshop
(the Society of Asian Retailing and Distribution)
ページ CD-ROM

項目 その他
発行年月  
タイトル チャネル選択の多様化による消費者の食嗜好行動の変化 ~共分散構造分析によるモデル化~
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 公益財団法人 浦上食品 ・ 食文化振興財団 研究報告書
ページ  

項目 学会発表
発表年月 2010年11月28日
タイトル A Lifestyle Approach to the Point of Purchase
単独/共同 単独
大会名 The Society of Asian Retailing and Distribution  (The 8th Workshop)
会場 流通科学大学

項目 学術論文
発行年月 2010年6月
タイトル 「小売店舗内外におけるブランド・コミュニケーションミックスと広告効果モデルの研究」-2007・2008年日本広告学会研究プロジェクト報告
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 日本広告学会誌(広告科学、52集)
ページ 71-88

項目 学会発表
発表年月 2009年12月19日
タイトル 食品購買行動における店舗選択要因
単独/共同 単独
大会名 日本商業学界関西部会
会場 京都大学

項目 学会発表
発表年月 2009年11月15日
タイトル 小売店舗内外におけるブランド・コミュニケーションミックスと広告効果モデルの研究
単独/共同 共同
大会名 日本広告学会第40回全国大会
会場 愛知大学

項目 学会発表
発表年月 2009年9月11日
タイトル 小売店舗内外におけるブランド・コミュニケーションミックスと広告効果の研究
単独/共同 共同
大会名 日本広告学会関西部会
会場 (株)大広

項目 学術論文
発行年月 2007年1月
タイトル ブランドとストアのロイヤルティ構造
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 日経広告研究所『日経広告研究所法』Vol.231
ページ 2-7

項目 学術論文
発行年月 2006年7月
タイトル Structure of Customer Loyalty to Private Brands : a cross-cultural perspective
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 Academy of Marketing Science/Korean Academy of Marketing Science, Cultyral Perspectives in Marketing Conference, Proceedings
ページ  

項目 学術論文
発行年月 2005年6月
タイトル Customer Liyalty to Private Brands in Japan
単共著 共著
発行所・発表雑誌等 The European Association of Education and Research in Commercial Distribution (EAERCD), 13th Conference, Proceedings, CD-ROM
ページ  

項目 学術論文
発行年月  
タイトル ブランド態度形成におけるブランド・パーソナリティの役割-共分散構造分析を用いた製品カテゴリー間比較-
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 関西大学商学会『関西大学商学論集』第50巻、第6号
ページ 97-110

項目 学術論文
発行年月 2005年9月
タイトル イギリスにおけるPBロイヤルティの構造
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 (財)流通経済研究所『流通情報』No.435
ページ 22-32

項目 学術論文
発行年月 2005年1月
タイトル ブランド・パーソナリティ研究における実証課題-統合的ブランド・コミュニケーションへ向けて-
単共著 単著
発行所・発表雑誌等 関西大学大学院商学研究科院生研究会『千里山商学』第60号
ページ 23-34

ページトップ